HOME > 設備案内 > スイス型自動旋盤とは?

スイス型自動旋盤とは?

スイス型自動旋盤は、時計部品を加工する機械として、1870年代にスイスにおいて考案されました。別名”主軸移動型自動旋盤”とも呼ばれ、直径に比べて部品長が長い部品を高精度に切削できる点が大きな特徴とされています。
一般的には、細長い部品を汎用旋盤で加工を行うと、加工物がたわみを起こして正しい寸法に仕上げることができません。
スイス型自動旋盤では、素材の振れ止め装置の動きをするガイドブッシュを用い、刃物はガイドブッシュから一定距離の位置で、外径方向の切り込み運動のみを与えるために、加工物はたわみを起こすかわりに、主軸台が素材をくわえた状態で移動する機械構成となります。